So-net無料ブログ作成

妊婦健診、全市区町村で公費負担「望ましい」回数(医療介護CBニュース)

 厚生労働省が「1人当たり14回程度の公費負担が望ましい」としている妊婦健康診査について、4月1日現在で全1750市区町村が14回以上の公費負担を実施していることが、同省の調査で分かった。昨年は1800市区町村のうち25市区町村が14回未満で、最も少ない市区町村では3回だった。

 妊婦健診をめぐっては、厚労省が2008年度第2次補正予算で「妊婦健康診査臨時特例交付金」を創設。昨年2月の事務連絡などで標準的な検査項目とスケジュールを示した上で、これに沿って健診を受けると13-14回の受診になることから、「14回程度の公費負担が望ましい」としている。

 調査結果によると、公費負担14回が1679市区町村、15回が52市区町村、16回が4市区町村、19回が1市区町村で、無制限も14市区町村あった。無制限の市区町村を除く平均回数は14.04回で、昨年から0.08回の増加。1人当たり公費負担額の全国平均は9万948円で、5189円増えた。

 検査項目が書いてある「受診券」を交付しているのは1450市区町村。このうち厚労省が示す標準的な検査項目のすべてを実施している市区町村は52.8%で、昨年から10.8ポイント改善した。
 実施していない検査項目は、「血液検査の一部」36.0%、「超音波検査(4回)」24.0%、「子宮頸がん検診」23.2%などだった。


【関連記事】
子育て支援、まず妊娠・出産の環境整備を−東京都
「妊娠と薬情報センター」回答件数が千件を突破
妊娠のリスク知ってほしい―現役産婦人科医が11か条の心得
「妊婦健診・小児医療費の助成拡大を」シンポ開催
「産科危機的出血」でSI応用した対応GL発表―麻酔科学会など

介護、医療を柱に雇用創出 菅首相の経済政策見えてきた(J-CASTニュース)
<上海万博>愛知の主婦、また全施設を制覇(毎日新聞)
国家戦略相、事務所実態ないのに4222万計上(読売新聞)
武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)
痴漢容疑で自衛官逮捕=電車で女子高生触る―和歌山県警(時事通信)

未明の池袋繁華街、解体工事現場で発砲2発(読売新聞)

 31日午前2時50分頃、東京都豊島区南池袋1のビル解体工事現場で、バイクに乗った男2人が銃弾2発を発砲するのを、工事現場前にある警視庁目白署南池袋交番の巡査部長が目撃した。

 男2人はそのまま逃走したが、現場の看板に銃弾が撃ち込まれたような穴が2か所確認され、近くには空の薬きょう2個と拳銃1丁が残されていた。同署は銃刀法違反容疑で2人の行方を追っている。

 同署幹部によると、2人は工事現場前の歩道にバイクで乗り上げ、後部座席の男が発砲した後、新宿方面に走り去ったという。2人とも黒っぽい服装で、フルフェースのヘルメットをかぶっていた。当時、工事現場は無人で、けが人はなかった。

 現場はJR池袋駅から南に約200メートル離れた繁華街。工事を請け負っていた大手ゼネコンの現場責任者によると、工事は今年2月中旬から始まったが、これまでに目立ったトラブルや嫌がらせはなかったという。

弁護士か、男性刺され重体=警察、逃走男の行方追う―横浜(時事通信)
ホンダ 「スーパーカブ」1万5991台をリコール(毎日新聞)
<天皇陛下>発熱など風邪の症状(毎日新聞)
郵政法案、衆院通過へ=自民、議長不信任案提出の方針(時事通信)
<裁判員裁判>「全国初」懲役15年確定へ(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。